当選金額が「億」のクラスの宝くじ

宝くじは昔に比べてどんどん当選金額がアップしていっています。
「億」を超える宝くじのいくつかあります。

 

奥を超える当選金額を手にするとまさに人生が変わると言えるでしょう。
1千万の宝クジに当選しても働かないと2年ぐらいでなくなってしまいますが、1億あれば当分の間生活に困ることはありません。

 

2億、3億というとサラリーマンでいう生涯年収ぐらいの金額になるのでちょっと想像できない金額です。
厳密には税金の関係で同じというわけにはいかないのですが。

 

そういう意味ではまさに「宝クジ」と言えるでしょう。
人生お金ではないのですが、お金があれば何でもできます。

 

1億円を元手に何か商売を始めてもいいし、趣味に没頭することもできます、隠居するのもいいかもしれません。

 

宝くじを買う人は「お宝」を求めて宝くじを買うのです。

 

 

宝くじの当選確率

では、次に宝くじの「当選確率はどれぐらいか」ということを考えてみます。

 

宝くじを購入する人はこういいます。「買わないと当たらないので購入するんだ」
確かにそうです。購入しないと当選確率は「ゼロ」です。

 

でも実際にどれぐらいの当選確率か知ってから買うべきではないでしょうか?

 

ジャンボ宝くじ

・一等 5億 0.00001%
・一等前後賞 1億 0.00002%
・二等 2000万 0.00002%

 

ちょっとしたお金になるのはここまでです。
まさしく絶対に当選しないと思える確率となっています。

 

買わないとゼロだけど買ってもゼロと言いたくなる数字です。

 

ロト6

・一等    2億 0.000016%
・二等 1000万 0.001%

 

同じくまとまったお金になるのはここまでです。
こちらはジャンボ宝くじと違って自分で数字を選べるため他力本願の要素がうすく人気があるようですが、当選確率を見る限りはたいした違いはありません。

 

 

当選確率を上げる方法

当選確率は超低いのですが、宝くじを買う人はいろいろ研究をして当選確率をあげようと工夫をしています。

 

ジャンボ宝くじだと
・売り場を調べる
当選が出るは同じ売り場が多いと言われており当選が出た売り場で購入をしたりします。

 

・連番で購入する
前後賞ねらいで10枚連番で買ったりすることはよくあります。
ということはよく行います。

 

ロト6とかだともっといろいろやります。
・過去のデータから数値を予測してみたりします。
・専用のソフトも販売されていたりします。

 

当たれば「宝」なのでいろいろやってもやり過ぎることはないでしょう。
「0.000016%」が「0.00008%」とかになれば大きな違いなので。

 

 

最後は神頼みで運を味方につける

高額な宝くじでなくても近所の商店街のクジですら当たらない人はよくいます。
近所の商店街のクジは当選した場合の商品は宝くじと比較して高額ではないのですが、確率は格段に高いはずです。

 

でもそんなクジですら当たらないとなると要するに「運」がないのです。
当選する人はよく当選するはずです。

 

宝くじを毎週のように購入している人は「自分には運があるか」ということを考えてみるといいでしょう。
もし、普段の抽選毎に運がないのだったら宝くじは絶対に当選しません。

 

確率的には、それぐらいの確率です。
これを見て宝くじを購入しないという選択もありと思います。

 

基本的には買えば買うほど損をする仕組みとなっているので確率論から考えるとおすすめできるものではありません。
他の投資を考えたほうがいいでしょう。

 

でも、人生一発逆転を夢見る人は簡単にはあきらめられないのではないかと思います。
宝クジを当てたいのならまずは「運気」を上げないといけません。

 

運気を上げるにはどうすればいいかといいますと、おすすめのアイテムがあります。
それは、「護符」というアイテムを持つことです。

 

護符であれば、どんな護符でもいいというわけではありません。
かなえやの護符を持つことです。

 

宝くじで毎週無駄なお金を使っていることを考えたら決して高い金額ではありません。
かなえやの護符を持つことで運気を上げて宝くじの当選を目指しませんか?

 

>>幸運の女神かなえやの護符<<