安産祈願で有名な神社は?、護符で安産祈願という方法もあるよ!

 

安産祈願は妊娠5ヶ月の最初の戌の日に神社に行き腹帯を授かるということが一般的です。

 

住んでいる地域によっては若干の差はありますが、大きな違いはありません。

 

近くの安産祈願で有名な神社に行くか、少し足を延ばして安産のお参りに行くでしょう。

 

神社では、子宝に恵まれたことを祝い、無事出産できることを祈祷してくれます。

 

しかしながら必ずしも戌の日に都合がいいというわけではなく、妊娠中で体調が優れずに外出できない場合もあります。

 

また、妊娠中の女性は体調が安定せず安産祈願することでかえって女性にプレッシャーをかけてしまうケースもあります。

 

こんな場合は、無理をして安産祈願にいかずにひっそりと安産を願うことをお勧めします。安産祈願をすることで体調を崩すと意味がありませんので。

 

安産祈願に行かずにひっそりと安産を願う方法は護符で安産を願うことです。量販されているような護符ではだめで個人個人に向けて作られたものでないといけません。

 

せっかく授かった命、無事に生まれてほしいものです。

 

 

護符で安産祈願をする方法はこちら−−>